2013年5月5日日曜日

guca後(5)リリース&guca紙、通販はじめました。

新緑の候、みなさまには益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

さて。電子書籍のguca1・guca2・guca3と、最初で最後の紙の本guca紙(4)を出して解散したgucaではございますが、このたび、墓石を蹴り倒して蘇るゾンビのごとく、

guca後(5)

を、リリースいたしました。



流行のシャーベットカラーを意識して、KAWAII!! と誉められる気満々。

内容は、解散後の近況報告を兼ねて比較的軽めの仕上がりになっております。
通勤通学のお供に、家事の合間に、パチンコ屋さんに並ぶ際の暇つぶしなどにもおすすめ!

無料ですので、じゃんじゃんダウンロードしてくださいね

ダウンロードはこちらから



それともうひとつ!



guca最初で最後の紙の本『guca紙(4)』、通信販売はじめました。
※※通信販売は終了しております。(2017年)※※

■内容

佐藤文香×太田ユリ 「磯遊」
 俳句と写真は佐藤。被写体は太田。
太田ユリ 「どこまでもあかるい午後」
 どことなく百合っぽいユリちゃんの短歌。
石原ユキオ 「憑依俳句集」
 S嬢や家庭教師が石原に憑依して書きました。
穂村弘 「愛の自爆テロ」
 穂村弘さんによる石原ユキオの短歌評です。鼻血ノンストップ。
電書ハイライト
 電子書籍三冊のみどころをまとめました。

平田俊子 詩「赤い遺言」
神野紗希 俳句「ソドム」
松本てふこ 俳句「グミ」
山田航 短歌「アルカナ愚恋抄」
野口あや子 短歌「9時に起こして」
 平田さん、神野さん、松本さん、山田さん、野口さんに、「◯か」をテーマに新作をお寄せいただきました。

石原ユキオ 「ヒド俳レビュー」
 ヒドい、だがそこがいい俳句をご紹介。
太田ユリ 「愛だの、恋だの。-special edition-」
 gucaブログで連載した「愛だの、恋だの。」スペシャル。
ジュテーム★マミィ 「2012年下半期 12星座のメッセージ」
 当たってた? うっかり見過ごしてた大事なサインに気付くかも。

プロフィール・編集後記



■価格 800円

2012年9月5日水曜日

guca紙、往来堂書店で発売中!!

短詩系女子ユニットgucaは2012年8月31日をもって解散いたしました。
解散ナイトにお越しくださった方、また、いままで支えてくださったみなさん、本当にありがとうございました。

解散と同時に、gucaの四冊目にして初めての紙の本guca紙をリリースしました。
guca紙とgucaメンバーがパワープッシュする本を集めた「愛の短詩フェア」、千駄木の往来堂さんで開催中です!(通販もあるよ♡)




guca紙、内容はこんな感じです。

 ↓  ↓  ↓


佐藤文香×太田ユリ 「磯遊」
 俳句と写真は佐藤。被写体は太田。
太田ユリ 「どこまでもあかるい午後」
 どことなく百合っぽいユリちゃんの短歌。
石原ユキオ 「憑依俳句集」
 S嬢や家庭教師が石原に憑依して書きました。
穂村弘 「愛の自爆テロ」
 穂村弘さんによる石原ユキオの短歌評です。鼻血ノンストップ。
電書ハイライト
 電子書籍三冊のみどころをまとめました。

平田俊子 詩「赤い遺言」
神野紗希 俳句「ソドム」
松本てふこ 俳句「グミ」
山田航 短歌「アルカナ愚恋抄」
野口あや子 短歌「9時に起こして」
 平田さん、神野さん、松本さん、山田さん、野口さんに、「◯か」をテーマに新作をお寄せいただきました。

石原ユキオ 「ヒド俳レビュー」
 ヒドい、だがそこがいい俳句をご紹介。
太田ユリ 「愛だの、恋だの。-special edition-」
 gucaブログで連載した「愛だの、恋だの。」スペシャル。
ジュテーム★マミィ 「2012年下半期 12星座のメッセージ」
 みなさまの未来に幸多からんことを。

プロフィール・編集後記
 ポートレートとguca年表つきです。

2012年8月16日木曜日

憑依俳句宣言

 他人がどのようにしてアイデンティティを保っているのか、わたしにはさっぱりわからない。

 わたしの俳句を二十句ほどまとめて友人に見てもらったときのことである。「統一感がまるでない」と評された。

 なるほど、言われてみれば、たしかに統一感はない。作中主体が少年であったり、女子高校生であったり、ホステスであったりする。あえて作中主体を統一しようという意識はなかったのである。というか、友人の指摘により初めて俳句における統一感という概念に触れたのだった。

 俳句には「句会」という遊びがある。無記名で俳句を出しあって、投票で点数を競い、批評し合う。わたしはたびたび、「そんな俳句も書くんですね」「あなたが書いたとは思わなかった」と言われてきた。

 たとえば、初恋のひとに白髪がある、という内容の句を出したとき、ほとんどの参加者は年配の女性が作ったものだと思ったようだった。

 おそらく年配の女性が語り手の小説を読んだ後だったのだろう。作ったときは、たしかにそういう気分だったのだ。そう、赤子を見れば「わたしがママよ」という気持ちになり、やくざ映画を観れば肩をいからせて映画館を出て、何もかもいやになったら幼児化して駄々をこねるのが人間というもの。一句詠むごとに作中主体が変わるほうがむしろ自然なことなのではないだろうか。

 前述の友人によると、わたしの俳句の統一感のなさは、文法にも及んでいるのだそうだ。「や・かな・けり」を駆使して文語で書いていたかと思えば、「してる」「ですか」と口語的な表現を使っていることもある。

 しかしこれもわたしにとっては自然なことなのだ。普段話すときはアニメキャラの口真似からビジネス敬語まで、様々な言葉を使っている。俳句だっていろんな言葉で書いてもいいではないか。

 世の俳人たちは、どのようにして作風というアイデンティティを保っているのだろうか。俳句総合誌や入門書には、切れ字の使い方や季語の本意については書かれているが、作品群に統一感を出すためのテクニックが紹介されているのを目にしたことがない。これはつまり、わたし以外のひとたちは、作品に統一感を持たせる能力が先天的に備わっているということなのだろう。

 俳句には、作中主体を作者自身のように読むならわしがあるらしい。俳句の祖である連句の第一句目、つまり発句は、その座を構成する人々への挨拶として詠んだのだそうだ。そこで詠まれる発句は、目の前の、顔が見えている人物からの発話であり、作中主体と作者は同一である。

「今日はこんな涼しい川辺に席を設けてくれてありがとう……って隣の山田さんが言ってます」

 という挨拶は普通はしない。「わたし」から「あなた・あなたがた」への挨拶だ。

 俳句における作中主体は「わたし」……「わたし」は作中主体……わたしはここで思い至ったのだ。わたしのアイデンティティが定まらないのは、そのときどきでいろいろな人物に身体を乗っ取られているからではないか――

 思い返せばバスや電車での移動中など、眠気で朦朧としているときに俳句ができることが多い。締切前にふと意識を失い、翌朝ノートパソコンのなかに見覚えのない原稿が保存されている、ということもあった。そういえば、服装や髪型がよく変わるとも指摘されている。

 信じがたいことだが、これはもう間違いない。わたしのなかにいつも別々の誰かが入ってきて筆を握っているのだ。

 わたしは、憑依されている。

 ならば、だ。一句ごとに別々の人物に憑依されるのではなく、二十句なら二十句分、同じ人物に憑き続けてもらえば、統一感のある作品が完成することになるのではないか。

 いままでは、一句単位でしか憑依されていなかったため作風がばらばらになってしまっていた。統一感のある作品群を作るには、憑依期間を長くし、一句ごとではなく何句かまとめて作ってもらわなければならない。

 すでにわたしはこの方法を体得しつつあり、8月31日発売予定の『guca紙』には、腐女子・事務員・家庭教師・ショップ店員・S嬢の五人に、それぞれ七句を委ねた「憑依俳句集」を収録した。五人の俳句から一句ずつ紹介しよう。


柏餅じやうずに剥いたはうが攻め   腐女子

メーデーになんの予定もない予定 _(:3 )∠ )_   事務員

ダンゴムシ用筆箱のあるらしき   家庭教師

あらゆるかたちを四角くたたんであげる   ショップ店員

ひとを吊るほそきちからや星冴ゆる   S嬢


 別々の人物が作っただけあって、口語・文語、現代仮名遣い・歴史的仮名遣い、定型・自由律など作風に幅があるが、それぞれの人物の七句をまとめて見たときには統一感が見出せるはずだ。ぜひ『guca紙』にてご確認いただきたい。この「憑依俳句集」をもってわたし石原ユキオは、「憑依系俳人」を名乗ることとする。

 同じ人物による継続的な憑依は、精緻で科学的な手続きとスピリチュアルな儀式とを行うことにより可能になるのだが、文字数の都合上この場では詳細を説明することはしない。ただ、非合法的な薬物を使用していないということだけは、世相を考え付記しておかねばなるまい。

 こうまでしなければ作風に統一感が出せないわたしは、おそらく少数派なのだろう。しかし、わたしだけが世界にたったひとりの特異体質だとは思えない。よく言うではないか。ゴキブリが一匹いたら十匹はいると思え、と。わたしはこの宣言で、同じ体質に悩む人々に勇気を与えたい。

 ひとは誰しも、自分が選ばなかったほうの人生に興味がある。自分自身の人生に疲れたら、他人に憑かれてみる、というのもよいのではないだろうか。


2012年8月16日
憑依系俳人 ۵ 石原ユキオ



『guca紙』はどこで売ってるの??

(1)8月31日、期間限定短詩系女子ユニットguca解散ナイト〜さよならの向こう側〜にお越しの方全員に、会場にてお渡しします♪
(2)9月1日より往来堂書店(東京都文京区千駄木2-47-11)様で購入可能!
(3)9月5日より毎週水曜日阿佐ヶ谷ユープケッチャ(東京都杉並区阿佐ヶ谷南2-21-9)にて太田ユリから購入可能。twitterで太田(@otayuri)のスケジュールをご確認ください。主に東京にいる佐藤、主に岡山にいる石原からも購入可能です。句会・歌会・その他のイベントの際などに声をかけてください。
(4)9月中旬より通信販売開始予定。

2012年7月28日土曜日

ついに解散! guca最終イベントのお知らせ

みなさま、こんにちは! 期間限定短詩系女子ユニット代表の太田ユリです!
そう、われらがgucaは2年間の「期間限定」のユニットとして細々と活動してきたのですが、ついに約束の解散時期が近付いてきました。
男を取り合うこともなく円満に活動できたことを記念して、きたる8月31日にさよならイベントを開催したいと思います。へらへらと楽しんでばかりのわれわれでしたが、最後の日には豪華ゲストもお呼びして、みなさまと短歌・俳句について、いよいよじっくり考えてみたいと思っています。

3人はいま、guca最後の刊行物としまして「guca紙(4)」を鋭意作成中……ということで、執筆陣も豪華な「guca紙」は、イベントにお越しくださったみなさまに一番最初にプレゼントさせていただきます! いままでgucaのことを気にかけてくださったみなさま、本当に本当にありがとうございました。以下、イベント詳細となります。よかったら最後に少しだけお付き合いくださいませ☆


期間限定短詩系女子ユニット解散ナイト ~さよならの向こう側~

俳人・佐藤文香を中心に2010年から2年間、短詩系文学(短歌・俳句etc,)の明日を盛り上げる限定ユニットとして電子書籍の発行やイベントを行ってきたguca(グーカ)は、結成時の約束通り、2012年8月31日をもって解散いたします。
guca最後のイベントでは短歌・俳句両業界からの豪華ゲストを迎え、短詩型文学の現状を鋭く分析! と見せかけて、図々しくもメンバー3名の今後の身の振り方を相談したいと思います。ほか、短詩系女子3人の煩悩コーナー満載。飛び入りゲストも?!
※ご来場の方全員にguca四冊目のマガジンにして初めての紙媒体「guca紙」をどこよりも早くプレゼント!!

【出演】期間限定短詩系女子ユニットguca(太田ユリ・佐藤文香・石原ユキオ)

【ゲスト】穂村弘(歌人)高山れおな(俳人)ほか!

【会場】ネイキッドロフト(http://www.loft-prj.co.jp/naked/


OPEN18:30 / START19:30
前売¥1,800/当日¥2,000(ともに『guca紙』込・飲食代別)
期間限定短詩系女子ユニットguca
http://guca-love.blogspot.jp/

※ご予約はネイキッドロフト店頭電話予約&NAKED LOFTメールにて受付致します!!

電話→ 03-3205-1556まで16:30~24:00の間にお願いします。
メール→naked@loft-prj.co.jp(イベントの日付け、イベント名、お名前、ご連絡先、枚数を送信ください)


2012年6月30日土曜日

百句悶々 #029

「おはよう」
と、男は言った。
金属片が朝日をギラリと反射してまぶしい。

男はナイフの刺さった赤い塊を捧げ持っている。
それはわたしの左胸からえぐられたもので、
血液が、決して床に落ちることなく永遠にしたたり続ける。

という光景が、

男はパジャマ姿のまま林檎を剥いている。
手を動かすたびに朝日が部屋中に撒き散らされて、林檎の皮は床へ向かって伸びてゆく。

という現実に回収されるまでの時間。

土曜日の朝はあまりにも明るく、頽廃から遠い。


冷やかに朝は睫毛を分け入らむ 鈴木牛後

2012年6月23日土曜日

しにふぃえふぁんしにふぃあんふぁん #027

いつも利用しているセブンイレブン、 店内放送が独自なのです。
先日は、

 「みなさん、金環日食はご覧になりましたか?私もお店にいらっしゃったお客さんと一緒に貴重な時間を体験することができました。」

「さて、父の日のプレゼントはもうお決まりですか?」

「お子さんからプレゼントをもらえば、金環日食よりも感動すること間違いなしです!

……すげー飛躍だなおい。
現在は、「国民的人気をほこるスマップの皆さんが、5人揃ってCMに出演してくださっているセブンのギフト。これもセブンのギフトが信頼されている証拠です」みたいなのが流れています。

本当は、その放送をお聞かせしたいんですが、ここでは店外のポスターを。(下線は筆者)青の下線を見ていただければ、かなり力が入っていることがおわかりかと。










でも、「裏切らない」の送り仮名「ら」が抜けていて、力の入っている裏側では切ない思いをされているのではないか……店長、これからもがんばってください。




つづいてこちらは、私。
実はここで給料もらうの3回目なんですが、ようやく気付きました。

官能小説書いてそうですね(でも、時代的に江戸っぽい)。

息子の名前、「文春」と書いて「ふみはる」とかにしたら、親子で区別がつかないですね。

名字が「週刊」だったら、「週刊文春」ですね(ないですね)。
「文庫」ちゃんとユニットを組めば、「文春文庫」ですね(ないですね)。


俳句のかわりに歌詞を。

そっちはどうだい うまくやってるかい
こっちはこうさ どうにもならんよ
今んとこはまあ こんな感じなんだ   (サニーデイ・サービス「青春狂走曲」)

PVはこちら